MovieMessage

[目次] はじまりに 来旭 ウズベクメンバーとのリハーサル・交流会
スペシャルジャズセミナー at クリスタル第1日目 第2日目 第3日目
コンサートリハーサル
 コンサート本番 交流 おわりに

スペシャルジャズセミナー at クリスタル

■第3日目
 セミナー3日目、この日は2つのプログラム。
 午前は「5パートレッスン」から。全体のパートをブラス、サックス、パーカッション、ピアノ、ウズベクの5パートに分けてのリハーサルである。
 通年この3月の時期はミュージックキャンプを催している。2泊3日、ゲスト講師とメンバーが同じ時間に寝起きし、キャンプを行い音楽を勉強するのである。これはこれで成果があるが、今回のセミナーの方がメンバーが落ちついている。
 なぜか?と、思ったら家でよく睡眠を取っているからである。
 修学旅行行くと騒いで寝ないのと同じである。
 メンバーの集中力もよく各パートの練習もはかどる。どのパートも子供達を飽きさせないように、工夫をしてレッスンをしている。





 今回の講師陣は、ブラス講師杉山 正、彼は金管指導者として世界的な名高いクラウド・ゴードンのお弟子さん、サックス講師は、スティーブ・サックス、ハーバード大学出の秀才で5カ国語を操る逸材、ピアノ講師椎名 豊は日本で知らぬものがいないというジャズピアノの第一人者、ベース講師コモブチ・キイチロウは熱帯ジャズ楽団等ラテン、ボサノバ界で絶大な人気を誇るベース奏者、パーカッション講師ヤヒロ・トモヒロは数々の有名グループと共演経験を持つ、日本の第一人者のパーカッションプレイヤー、ギター講師鬼怒無月はフリースタイルからアバンギャルドまでこなす、幅の広いプレイヤー、そしてヴァイオリン講師金子飛鳥、ギターとヴァイオリンは子供達のパートにはないが、この二人が今回のアジアをテーマにした曲作りに大きな役割を果たす。





 午後からは最後のプログラムになる「アンサンブルレッスン」。このアンサンブルレッスンで「Step to Asia2008」「Voice of Asian Kids」の2曲をほぼ完成させる。
 セミナーも3日目、ウズベクメンバーとの交流も深まり音楽的にも高まってきた。
 この日、音を出してみると明らかに前日の音と違い、「アジアンキッズジャズ」の原型が出来上がっている。まだまだパワーが足りないが明らかに、ウズベクメンバー、ジュニアジャズ、ゲスト講師の音が融合して一つの音楽を作り出している。
 各パートの音のバランスを確認しながら進める。
 ここでヴァイオリン講師金子飛鳥からウズベクメンバーにアドリブソロを取らせてはとの提案がある。
 数人試したが、今回は見送りに。普通ならここで譲って国際交流の為、楽しくやりましょうと言うところであるが、私自身今回は妥協しないで音楽の完成まで目指しているのである。
 荒削りではあるが最終の形が見えたところで、アンサンブルレッスンは終了。
 3日間レッスンの形を取りながら行ってきたが、これはすべて最終コンサートを念頭に置いてのことである。














▼他の年度事業はこちら

JMIA 2006 JMIA 2005
Creative Concert Vol.8 Chick Corea Solo Piano'06


本サイトの記事・画像(写真、イラスト、動画など)のコンテンツの著作権は、
ジャズマンス・イン・旭川に属します。肖像権および著述は個々のアーティストに帰属します。
掲載記事および画像、音源等の転載は、著作権法上無断で行うことはできません。
Copyright (C) 2005 JMIA, Jazz Month in Asahikawa. All rights reserved.
inserted by FC2 system